キャッシングなど、お金全般についてお話します

ネット全盛期の今はキャッシングするならWeb経由で!

90年代など、昔はお金を借りるたためには直接店頭に足を運ぶか、無人契約機での手続きが主流でした。

ですが、インターネットが普及して、スマホが大爆発・・・・となり、今では気軽にネットキャッシングが可能になりました。

中小のカードローン会社はわかりませんが、大手でしたら、年中無休、24時間受付が可能ですが、貸してくれるかどうかの審査は当然ならカードローン会社の営業時間内です。

となると、やはり店頭がいいの? となりますが、必要書類を忘れたり、店員さんと顔を合わせて気恥しかったり、知り合いに途中でばったりあったらどうしよう・・・・など精神的なリスクがあります。

キャッシングのためには本人確認書が必要

カードローン会社は無保証・無担保であなたにお金を貸すわけですから、本人証明書が必要です。

運転免許証・パスポート・健康保険証・年金手帳などで証明できますが、注意しなければいけないのは住民票は確認証明書にならないとということです。

意外かもしれませんが、住民票は家族など他の人間が取得できてしまうからです。

銀行系のカードローン会社は厳しい!

銀行系のカードローンは消費者金融系に比べて審査が厳しく、即日に借りることは正直むずかしいです。

ですが、その分、金利が安いため、すぐに借りるのはできないが、長期的な目線で考えると、結果的にお得ともいえます。

しかし、消費者金融業者もだまっているわけではなく、それに対抗してスピード重視! 即日OKで対抗しているため、こちらもかなり人気があります。

利用限度は50万円未満がベター

業者によっては200万円まで、などかなり大きな額まで借りることができますが、審査がその分厳しくなりますし、今すぐ早く借りたい! のであれば、50万円未満に抑えたほうがいいです。

また「A社から40万円、」「B社から30万円」と別々に借りれば問題ないんじゃないの? と思うかもしれませんが、合計で計算をするため、80万円となり、50万円以上になっています。

昔はこの手法でも、他社にばれずにお金を借りることができました。

【参考サイト】

PR:お金 借りたい

しかし、最近な指定の信用情報期間でキャッシングにきたお客さんの情報を共有することができ、しかも即日、データを知りことができるため、現在ではほとんど無理と言えるでしょう。

また他社で借り入れがあり、滞納している場合もこの情報に照らし合わせて判断されるため、どんなにあがいてもバレてしまう可能性がある、とうわけです。